2017年03月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫03月

2008.01.17 (Thu)

いまだ生(せい)を知(し)らず、いずくんぞ死(し)を知らん。

いまだ生(せい)を知(し)らず、いずくんぞ死(し)を知らん。

               『論語』

死について問いかけた弟子に対して、孔子が答えた言葉です。

生きる意味さえ知らないのに、
ましてや死の意味など知る由がないということです。 

「死とは何か」という問題について、
いかなる哲学も正解を定められません。

孔子にしてもそうです。

ただ孔子は、
死をいたずらに恐れ、思い悩むのでなく、
今を精いっぱい生きることを心がけよと
言いたかったのではないでしょうか。

死は、その生き方に対する答え
となるのかもしれません。

論語 (岩波文庫)論語 (岩波文庫)
(1999/11)
金谷 治

詳細を見る
EDIT  |  07:00  |  『論語』の言葉  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2008.01.16 (Wed)

怒りを遷(うつ)さず、過ちをふたたびせず。

怒りを遷(うつ)さず、過ちをふたたびせず。

                  『論語』

孔子が若くして死んだ愛弟子の顔回(がんかい)を
ほめた言葉です。

腹が立つことがあっても、他の人に及ぼさない。
同じ過失は繰り返さないという意味。

このようなことは控えめで目立ちません。

しかし、まわりの人から好感をもたれ、
厚い信頼を得ることができるのです。


EDIT  |  05:00  |  『論語』の言葉  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2008.01.15 (Tue)

朋(とも)有り遠方より来る、亦(また)楽しからずや。

朋(とも)有り遠方より来る、亦(また)楽しからずや。

                  『論語』

「朋」は同じ先生についた学友。

同じ学問を志す友人が訪ねてきてきてくれた、
なんと楽しいことではないか、という意味。

同じ志をもつ人が、わざわざ自分を訪ねてきてくれる、
しかも時間もお金もかけて・・・。

それだけで、やはり特別に嬉しいものです。


『論語』の関連書

ほっとする論語70ほっとする論語70
(2007/12)
杉谷 みどり、石飛 博光 他

詳細を見る
EDIT  |  05:18  |  『論語』の言葉  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2008.01.14 (Mon)

智者は惑わず。勇者は懼(おそ)れず。

智者は惑わず。勇者は懼(おそ)れず。

                 『論語』

知恵のある人は、物事の道理に通じているので、
あれこれと迷わずに事を進めます。

勇者は自分の信念に命を賭けているので、
どんな事態となっても恐れることはありません。


EDIT  |  05:16  |  『論語』の言葉  |  TB(0)  |  CM(1)  |  Top↑

2008.01.13 (Sun)

過ちては則(すなわ)ち改むるに憚(はばか)ること勿(なか)れ。

過ちては則(すなわ)ち改むるに憚(はばか)ること勿(なか)れ。

                       『論語』

間違いを犯すことは誰にでもあるものです。

肝心なのは、その後です。 

すぐに過ちを気づき、あるいは認めて、
改めることが大切なのです。 

ほかに気兼ねしたり、叱られることを恐れたりせずに、
改めることに躊躇(ちゅうちょ)してはなりせん。

であれば、過ちはむしろ自己改善のチャンスとなるのです。


類語「過(あやま)ちて改(あらた)めざる、これを過ちという 」

(間違いを正そうとしないのは最大の間違いであるという意味)

『論語』の関連書

渋沢栄一「論語」の読み方渋沢栄一「論語」の読み方
(2004/10)
渋沢 栄一

詳細を見る
EDIT  |  05:00  |  『論語』の言葉  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2008.01.12 (Sat)

今(いま)女(なんじ)は画(かぎ)れり。

力(ちから)足(た)らざる者(もの)は、中道(ちゅうどう)にして廃(はい)す。
今(いま)女(なんじ)は画(かぎ)れり。
                          『論語』

弟子の冉求(ぜんきゅう)が、「先生の教えを喜ばない訳ではありませんが、
力不足でどうもついて行けそうにありません」と述べました。

それに対して孔子は、
「本当に力が足りないのであれば、
喜ぶどころか学ぶこと自体が苦痛であって、
途中で投げ出してしまうものだ。

今お前はやってもみないうちからあきらめている。
自己限定し過ぎるものではない!」と諭したのです。

「自分なんか、しょせんこんな程度ですから・・・」
と自分で自分の能力の限界を決めてかかっては
もったいないですね。

自分で限界を定めることなく、
上を目指す人こそが成長できるのです。

『論語』の関連書籍

論語に学ぶ (PHP文庫)論語に学ぶ (PHP文庫)
(2002/10)
安岡 正篤

詳細を見る
EDIT  |  05:00  |  『論語』の言葉  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2008.01.11 (Fri)

匹夫(ひっぷ)も志を奪うべからざるなり。

三軍(さんぐん)も帥(すい)を奪うべきなり
匹夫(ひっぷ)も志を奪うべからざるなり。

                『論語』

大軍であってもまとまっていないと、
その総大将を討ち取ることができるが、

たとえ身分の低い男でも、意志が堅ければ、
その志を変えさせることはできないという意味です。

誰であれ、志を奪うことはできません。

志を高くもち、固い決意を持って臨めば、
事を為すことができるのです。

EDIT  |  05:00  |  『論語』の言葉  |  TB(0)  |  CM(1)  |  Top↑

2008.01.10 (Thu)

恭なれば則ち侮られず

恭なれば則ち侮られず
寛なれば則ち衆を得
信なれば則ち人これに任ず
敏なれば則ち功あり
惠あれば則ち以て人を使うに足る

                『論語』


リーダーの心得として覚えておきたい五つの徳です。

恭とは慎んでおごらないこと、であれば人に侮られません。

寛とは寛大であること、であれば人望が得られます。

信とは信義を守ること、であれば人に信頼されます。

敏とはすぐ実行すること、であれば成功します。

恵とは人に恵み与えること、であれば人は喜んで動くのです。

EDIT  |  05:00  |  『論語』の言葉  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2008.01.09 (Wed)

学べば即(すなわ)ち固(こ)ならず

学べば即(すなわ)ち固(こ)ならず

                  『論語』

学ぶことで、社会人として生活していくための必要な知識や
広い視野を得ることができます。

融通のきかない頑固さなどが消え、
まわりの人とともに生きていけるようになります。

教養というものは、どんな場でも生かせます。

知識はひけらかすのではなく、人を助けるため、
自分の人間性を高めていくために使うのです。

EDIT  |  05:00  |  『論語』の言葉  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2008.01.08 (Tue)

小利を見れば則(すなわ)ち大事ならず

小利を見れば則(すなわ)ち大事ならず
                 『論語』


目先の小さな利益にとらわれると、
大きな目標が達成できません。

急いては仕損じます。

将来のための大きな事業は、
自己の小さな欲を捨ててこそ成り立つのです。


『論語』 の関連書籍

使う!「論語」―“小さな自分”から今すぐ抜け出す使う!「論語」―“小さな自分”から今すぐ抜け出す
(2007/04)
渡邉 美樹

詳細を見る
EDIT  |  16:30  |  『論語』の言葉  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP |