2017年03月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫03月

2008.03.27 (Thu)

「思い上がり」ほど抑えがたいものはない。

●人間がうまれもった感情のなかで、
「思い上がり」ほど抑えがたいものはないのではないか。

  フランクリン『フランクリン自伝』


フランクリンの有名な13の徳です。

 節制。沈黙。規律。決断。節約。
 勤勉。誠実。正義。中庸。清潔。
 平静。純潔。謙譲。

このなかでも、謙譲の徳は特に難しい。

フランクリンは、キリストとソクラテスを模範にすると
書いています。

「実るほど頭をたれる稲穂かな」

こうありたいものです。

フランクリン自伝 (中公クラシックス)フランクリン自伝 (中公クラシックス)
(2004/12)
フランクリン

詳細を見る
EDIT  |  07:00  |  自己啓発  |  Top↑

2008.03.26 (Wed)

ありがたいことに、心は筋肉によく似ている。

●ありがたいことに、心は筋肉によく似ている。
 使うことによって鍛えられ、強くなるのだ。

  ブライアン トレーシー『カエルを食べてしまえ!』


  心はどんどん鍛えられます。
  
  強くなります。

  たくましくなります。

  豊かになります。

  特に、人のために使うことによって。

カエルを食べてしまえ!カエルを食べてしまえ!
(2002/03)
ブライアン トレーシー

詳細を見る
EDIT  |  07:00  |  自己啓発  |  Top↑

2008.03.25 (Tue)

非凡な人間とは、非凡な選択をする平凡な人間です。

●非凡な人間とは、非凡な選択をする平凡な人間です。

   デビー・フォード『選択の瞬間―あなたを成功に導く10の質問』


  すごい人だから
  すごい選択をしたのでありません。

  すごい選択をしてきた人だから、
  すごい人になったのです。

選択の瞬間―あなたを成功に導く10の質問選択の瞬間―あなたを成功に導く10の質問
(2004/06)
デビー フォード

詳細を見る
EDIT  |  07:00  |  自己啓発  |  Top↑

2008.03.24 (Mon)

まず、短い時間をむだにしないということです。

●まず、短い時間をむだにしないということです。

         森信三『修身教授録』


 有意義な人生を生きるためには、
 有意義な今日を生きるということです。

 有意義な今日を生きるためには、
 有意義な今この時を生きるということです。

「修身教授録」一日一言「修身教授録」一日一言
(2007/07)
森 信三

詳細を見る
EDIT  |  07:00  |  自己啓発  |  Top↑

2008.03.23 (Sun)

幸運を作るというのは、つまり、条件を自ら作ることである。

●幸運を作るというのは、つまり、条件を自ら作ることである。
         
           アレックス・ロビラ他『Good Luck(グッドラック)』

  幸運は、準備のできている人のところにやってきます。

  そして、準備のできている人だけがつかめます。

Good LuckGood Luck
(2004/06/22)
アレックス・ロビラ、フェルナンド・トリアス・デ・ペス 他

詳細を見る
EDIT  |  07:00  |  自己啓発  |  Top↑

2008.03.22 (Sat)

新たな行動を何も起こさないというのは

●新たな行動を何も起こさないというのは、
  ある意味での失敗なのです。

           畑村洋太郎 『決定版 失敗学の法則』


  新たな行動からは、失敗しても新たな何かを学べます。

  でも、何も起こさなければ、何も学べません。

  それは役に立たない失敗です。

決定版 失敗学の法則決定版 失敗学の法則
(2002/05)
畑村 洋太郎

詳細を見る
EDIT  |  07:00  |  自己啓発  |  Top↑

2008.03.21 (Fri)

それはもう、とにかく始めればいいのだ。

●それはもう、とにかく始めればいいのだ。
 魔法のような始め方などないのだから。

    アーノルド・ベネット『人生を豊かにする時間術』


  始めないための言い訳は
  たくさんあります。

  それでも、始めるのです。

  言い訳をつぶしている間に、
  歳月は過ぎます。

  今日、いま始めましょう。

  それしか道はありません。

人生を豊かにする時間術 (フォーエバー選書)人生を豊かにする時間術 (フォーエバー選書)
(2005/03/26)
アーノルド・ベネット、北沢 あかね 他

詳細を見る
EDIT  |  07:00  |  自己啓発  |  Top↑

2008.03.20 (Thu)

鉄を熱くなるまで打ち続けなくてはいけないのである

●鉄を熱いうちに打つだけでなく、
 鉄を熱くなるまで打ち続けなくてはいけないのである。
  
            スマイルズ『自助論』


 いまだと思ったときがチャンスです。

 いま自分が熱いときに行動するのです。

 そして、

 相手にその熱が伝わるまで

 行動しつづけるのです。

自助論―人生の師・人生の友・人生の書自助論―人生の師・人生の友・人生の書
(2003/02)
サミュエル スマイルズ

詳細を見る
EDIT  |  07:00  |  自己啓発  |  Top↑

2008.03.19 (Wed)

絶対、絶対、あきらめるな!

●絶対、絶対、あきらめるな!
 
   オグ・マンディーノ『十二番目の天使』


  目標を定めたら、あきらめてはいけません。

  絶対、絶対、あきらめないこと。

  あきらめなければ、打開策は見つかります。
 
  成功するまであきらめないことが、成功の秘訣なのです。

  この言葉が出てくる『十二番目の天使』は、
  涙なしでは読めない感動的な自己啓発書です。

十二番目の天使十二番目の天使
(2001/04)
オグ マンディーノ

詳細を見る
EDIT  |  07:00  |  自己啓発  |  Top↑

2008.03.18 (Tue)

身銭を切るということが、

●身銭を切るということが、
  判断力を確実に向上させるよい方法になる。

        渡部昇一『知的生活の方法』


無料で講演会に参加している人たちの意識と
身銭を切って講演会に参加する人の意識は、全然違います。

身銭を切っている人は、高いお金を払って参加しているのだから、
絶対にそれ以上のものを得て帰ろうと考えています。

まず、遅れてくることはありません。

できるだけ前の方に席をとろうとします。

講師の言葉を一言も聞き漏らさないように集中しています。

当然、メモを取ります。

取ったメモは必ず何かに役立てます。

話の内容は、人にも伝えます。

講演会を通して、講師とも親しくなります。

自分を向上させるために身銭を切るのは、当然だと考えています。

本を買うときも、教材を買うときもそうです。

身銭を切るほど意識が高ければ、得るものも多いのです。

知的生活の方法 (講談社現代新書 436)知的生活の方法 (講談社現代新書 436)
(1976/01)
渡部 昇一

詳細を見る
EDIT  |  11:00  |  自己啓発  |  Top↑
 | BLOGTOP |