2006年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2006.12.24 (Sun)

成功をひきつけるのは、こころの力である。

成功をひきつけるのは、こころの力である。
あなたを成功させるエネルギーは、あなたのこころの中にあるのだ。

          ナポレオン・ヒル『思考は現実化する』(きこ書房)


ナポレオン・ヒルが米国の大富豪500名あまりを
20年間に渡って調査したところ、彼らにある共通点を発見しました。

それは、彼らが「自分が成功することを予想していた」ということです。

彼らは、障害にぶつかろうが、能力や資金に不足しようが、
「自分はいずれ成功する」という予想をもっていた人たちだったのです。

ですからどんな障害や困難があったとしても、彼らはくじけませんでした。

ある人は「神から与えられた成功のための試練だ」と考え、
ある人は「自分が飛躍するためのチャンスだ」と考えました。

そして、彼らは自分の思いが現実となるまで
決してあきらめなかったのです。

【携帯版】思考は現実化する 【携帯版】思考は現実化する
ナポレオン・ヒル (2005/03/27)
きこ書房

この本の詳細を見る
EDIT  |  09:25  |  成功  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2006.12.23 (Sat)

過去と未来を鉄の扉で閉ざせ

過去と未来を鉄の扉で閉ざせ、
そして今日という区切りの中で生きよ。
                  
     デール・カーネギー『道は開ける』(創元社)
                       

デール・カーネギーは、哲学者でも、宗教家でも、大学教授でもありません。
どこにでもいるようなサラリーマンでありながら、
独立独歩の道を歩んで成功した社会教育家でした。

彼の本は世界中でロングセラーを続け、
今も多くの人に影響を与えています。

凡人であった彼が成功したのは、自分の長年の願いのために、
日々、弛まぬ努力と研究を続けたことにあります。

彼の著書、『道は開ける』『人を動かす』『話し方教室』『自己を伸ばす』
などを読めば、それがよくわかるのです。

ちなみに、彼が『道は開ける』の第1章で述べていることは、
「現在という時間を懸命に生きよ」ということです。

もどってはこない過去を思い出してクヨクヨするのではなく、
来ないかもしれない未来を心配し過ぎて憂鬱になるのではなく、
いまの自分にできることをする!

その積み重ねが明日につながります。

たとえ小さな目立たないことであっても、
今日、今、できることに全力を注ぎたいものです。

道は開ける 新装版 道は開ける 新装版
Dale Carnegie、デール カーネギー 他 (1999/10)
創元社

この本の詳細を見る
EDIT  |  09:40  |  成功  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2006.12.22 (Fri)

失敗者と成功者のただひとつの違いは

実のところ、
失敗者と成功者のただひとつの違いは
習慣の違いにある。 
                     
          オグ・マンディーノ『地上最強の商人』
                      

オグ・マンディーノは、
世界で2800万冊の自己啓発書を発行している作家です。

『地上最強の商人』のストーリー設定はこうです。

宮殿にそびえるドームのてっぺんに、
アラブの大富豪ハフィドの至宝がおさめられていました。
 
30年以上もの間、昼夜、2人の衛兵が見張りに立ち、
ハフィド以外、だれも立ち入りを許されませんでした。

実は、その部屋には質素な木箱がぽつんと置かれていただけです。
そして、その中には古代の巻物がおさめられていたのです。

その巻物は、ハフィドにとって、
宮殿に山積みされた数々の宝物と比べようがないほど貴重なものでした。
 
なぜなら、その巻物には、
この世で成功、幸福、愛、心の平安、富を得るために秘密が隠されていたからです。
 
その巻物こそが、ハフィドを成功に導いた知識と知恵の源だったからです。
 
今日の言葉は、その古代の巻物の1巻から選びました。

「失敗者と成功者のただひとつの違いは、習慣の違いにある」

この言葉はオグ・マンディーノの
すべての自己啓発書に貫かれた考えとなっています。

地上最強の商人 地上最強の商人
無能 唱元、オグ・マンディーノ 他 (1996/09)
日本経営合理化協会出版局

この本の詳細を見る
EDIT  |  13:43  |  成功  |  TB(0)  |  CM(1)  |  Top↑

2006.12.20 (Wed)

成果をあげる人は、行なうべきことを行なっているだけである

成果をあげる人は、能力、関心、知識、気性、性格、仕事の方法において
多様である。あらゆることに千差万別である。
共通点は、行なうべきことを行なっているだけである。


     P.Fドラッカー『ドラッカー356の金言』(ダイヤモンド社)


現代ビジネス界にもっとも影響力をもつ思想家と知られる
P.Fドラッカー教授の言葉です。

ある人が仕事で成果をあげるか、あげられないかは
長い期間でみれば、
能力よりも習慣の問題が大きいのです。

どんなに能力の高い人でも、
いま行なうべきことを行なっていなければ、
何の成果もなし得ません。

仕事のできる人は、
まず、いま行なうべきことが何かを知っています。
そして、実際に、確実に行なうことができます。

さらには、コンスタントに「行なうべきことを行なう」
ように習慣化しているのです。

ドラッカー 365の金言 ドラッカー 365の金言
P.F.ドラッカー (2005/12/02)
ダイヤモンド社

この本の詳細を見る
EDIT  |  05:30  |  成功  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2006.12.19 (Tue)

つねに素直な心になることができれば

つねに素直な心になることができれば、
人間というものは、物事のほんとうの姿、
実相を見ることができるようになって、
あたかも神といってもよいほど、
強く正しく聡明になることができると思います。

松下幸之助『経営のコツここなりと気づいた価値は百万両』(PHP研究所)


経営の神様と称された松下幸之助氏は、
素直な心こそが商売や経営だけでなく、
人間が成長し成功していく上でも大切なものだと
繰り返し言いました。

素直な心であれば、奢らず侮らず、
人の言うことに耳を傾けることができます。

素直な心であれば、
自分の利害や欲望にとらわれず、
正しく物事を判断できます。

素直な心であれば、
目の前の仕事に全力を注ぎ、反省を重ねて、
さらによい仕事をしていけるようになります。


経営のコツここなりと気づいた価値は百万両 経営のコツここなりと気づいた価値は百万両
松下 幸之助 (1980/02)
PHP研究所

この本の詳細を見る
EDIT  |  14:28  |  成功  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2006.12.18 (Mon)

たとえ負けても

たとえ負けても、次があるならば、
そこに可能性を求めたい。
許される限り、前へ進んでいきたい。

   安藤忠雄『連戦連敗』(東京大学出版会)


    
安藤忠雄さんは、
工業高校を卒業して、
アメリカ、ヨーロッパ、
アフリカなどを旅行しながら、
独学で建築を学びました。

短期間に六つもの建築の国際コンペに挑戦し、
すべて落選した経験もあるそうです。

これまでの華々しい入賞経験の裏には、
それ以上の多くの失敗経験があったのです。

成功する人は、たとえ「連戦連敗」でも、
あきらめません。

可能性がある限り挑戦するのですね。

連戦連敗 連戦連敗
安藤 忠雄 (2001/09/03)
東京大学出版会

この本の詳細を見る
EDIT  |  08:52  |  成功  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2006.12.17 (Sun)

自ら好機をつくりだせ


もし好機が到来しなかったならば、自ら好機をつくりだせ。
            
               サミュエル・スマイルズ『自助論』(三笠書房)



電話がなければ、
自分からかければよいのです。

挨拶をしてくれなければ、
自分から挨拶をすればいいのです。

声をかけてくれなければ、
自分から声をかかればいいのです。

手紙がなければ、
自分から書けばいいのです。

誰も自分に期待してくれなければ、
自分が期待をするのです。

待っているだけでは
チャンスはつかめません。

チャンスは自ら作り、
自からつかみにいくのです。


スマイルズの世界的名著 自助論――深く考える習慣が、自分の限界を破る!    知的生きかた文庫 スマイルズの世界的名著 自助論――深く考える習慣が、自分の限界を破る! 知的生きかた文庫
サミュエル スマイルズ (2002/03)
三笠書房

この本の詳細を見る
EDIT  |  09:18  |  成功  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2006.12.16 (Sat)

なにか新しいものを手にするには

なにか新しいものを手にするには、
新しいことを自らしなくてはならぬ


     アレックス・ロビラ、フェルナンド・トリアス・デ・ベス
     『Good Luck』(ポプラ社)
                     

新しいチャンスは誰にでもやってきます。

でも、チャンスに備えていない人には
新しいチャンスがきたことにさえ気づきません。

ですから、
その人は自分はずっとチャンスに恵まれていない
と思い込んでいます。

ただ待っているだけの人にも、
チャンスはカンタンにつかめません。

なぜなら、その人にとって、
チャンスはいつも目の前を
すぐに通り過ぎてしまうからです。

チャンスを手にしたいのなら、
自らチャンスを作り出すのです。

そうすれば、
新しいピンチとチャンスが
いつでもあなたの近くにあります。

Good Luck Good Luck
アレックス・ロビラ、フェルナンド・トリアス・デ・ペス 他 (2004/06/22)
ポプラ社

この本の詳細を見る
EDIT  |  08:47  |  成功  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2006.12.15 (Fri)

天命を全うする者が成功者だ

天命を全うする者が成功者だ。


                    斎藤一人『ツイてる!』
                        
日本一のお金持ち、斎藤一人(ひとり)さんは、本当に面白い人です。
そして不思議な人。

世間では、一流企業に勤めたり、
出世したり、自分で商売やってお金を儲けたり、
夢を実現した人たちのことだけを
「成功者」と呼んでいますが、彼はそうは思わないのです。

「天命を全うする者が成功者だ」

ちなみに、天命とは、
人間がこの世に生まれてくるときに、
神さまと交わした約束のこと。

「人には愛のある言葉をかけ、笑顔で接する」

それが天命であると、斎藤さん自身は決めているそうです。


ツイてる! ツイてる!
斎藤 一人 (2004/08/07)
角川書店

この本の詳細を見る
EDIT  |  09:05  |  成功  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2006.12.14 (Thu)

やろうと思えば

やろうと思えば人間はたいていのことができると私は思っている。


          本田宗一郎 PHP研究所編『本田宗一郎「一日一話」』


世界の自動車メーカーホンダの創業者本田宗一郎さんは、
子どもの頃、読み書きが嫌いで苦手な劣等生でした。
 
ただ、機械いじりが好きでたまりませんでした。
そのため、彼は高等小学校を卒業すると、
町の修理工場に丁稚奉公として就職しました。

けれども、すぐに車の修理ができたわけではありません。
彼に与えられたのはスパナではなく、雑巾一枚。
朝から晩まで工場の掃除と赤ん坊の世話が彼の仕事でした。
 
これが1年半も続きます。

こんな辛い状況から何度も逃げ出そうと思ったそうです。

しかし、この下積み生活があったからこそ、
後で、乾いた砂漠が水を吸い込むように
車の知識と技術を吸収できたのだと彼は語っています。


本田宗一郎一日一話―独創に賭ける男の哲学 本田宗一郎一日一話―独創に賭ける男の哲学
本田 宗一郎 (1988/11)
PHP研究所

この本の詳細を見る
EDIT  |  08:26  |  成功  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT