2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2007.07.06 (Fri)

あなたは、わたしにとって、なくてはならない存在なのだ

●何十億の人に、かけがえのない存在だと言ってもらわなくてもいいのだ。
それはたった一人からでいい。
「あなたは、わたしにとって、なくてはならない存在なのだ」
と言われたら、もうそれだけで喜んで生きていけるのではないだろうか。              
          『三浦綾子 文学アルバム』(主婦の友社)
         

三浦綾子さんは、日本が戦争に負けたことがきっかけで、これまで教師として子どもたちに教えてきたことにむなしさを感じます。
そして、人も自分も信じられなくなり、自殺までしようとします。

しかし幼なじみの前川正さんのおかげで、ようやく、信じられる存在に出会えます。

ところが、まもなく、最愛の人、前川さんは病死。
悲しみの底に突き落された綾子さんは、肺結核とともにおこった脊椎カリエスのため、ベッドの上でギブスにくるまれて身動きできず、ただ泣くことしか許されないありさまでした。

1年後、生前の前川青年とそっくりの三浦光世さんが不思議なことに彼女の病室に現れます。

「神様、この人のために自分の命を捧げてもかまいません。
 ですから、この人を治してください。」と祈った三浦光世さん。

「あなたは、わたしにとって、なくてはならない存在なのだ」というメッセージを綾子さんは、前川さんや光世さんを通して神様からいただいたのです。

13年間の闘病生活を終え、綾子さんと光世さんは結ばれます。
EDIT  |  11:28  |  三浦綾子さん  |  TB(0)  |  CM(1)  |  Top↑

*Comment

■いい言葉

私が好きな言葉は、
『命とはあなたが使える時間のことです』

いいことばですよねぇー色付きの文字
結衣 |  2007.08.27(月) 16:53 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |