2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.01.17 (Thu)

いまだ生(せい)を知(し)らず、いずくんぞ死(し)を知らん。

いまだ生(せい)を知(し)らず、いずくんぞ死(し)を知らん。

               『論語』

死について問いかけた弟子に対して、孔子が答えた言葉です。

生きる意味さえ知らないのに、
ましてや死の意味など知る由がないということです。 

「死とは何か」という問題について、
いかなる哲学も正解を定められません。

孔子にしてもそうです。

ただ孔子は、
死をいたずらに恐れ、思い悩むのでなく、
今を精いっぱい生きることを心がけよと
言いたかったのではないでしょうか。

死は、その生き方に対する答え
となるのかもしれません。

論語 (岩波文庫)論語 (岩波文庫)
(1999/11)
金谷 治

詳細を見る
EDIT  |  07:00  |  『論語』の言葉  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

*Comment

■承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
 |  2010.10.28(木) 10:46 |   |  【コメント編集】

■承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
 |  2010.10.22(金) 03:07 |   |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。