2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2007.01.08 (Mon)

聖トマス小崎の遺書

      
日本二十六聖人殉教者     
トマス小崎(15歳)

1597年2月5日に 
長崎の西坂の丘で殉教した二十六聖人の一人
      
      京都から長崎までに連行される途中、
      夜、広島の三原で母親に宛ててしたためた遺書
           


母上様、
聖主のお恵みに助けられながら、
この手紙を書きます。

私たちは長崎で十字架につけられることになっています。

どうか私のことも、
父上のことも何ひとつご心配にならないでください。

天国で母上様のおいでをお待ちしております。

母上様、臨終の時に、
たとえ神父様がいらっしゃらなくとも、

心の底から罪を痛悔し、
イエズス様のお恵みをお願いすれば、
救いをまっとうすることができます。

人からどんなことをされようとも忍耐し、
すべての人に愛をお示しください。


             池田敏雄『教会の聖人たち』(中央出版社)より

EDIT  |  06:22  |  聖人の言葉  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |