2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2007.01.21 (Sun)

愛は家庭から始まります


「愛はどこから始まるのでしょうか。
それは、家庭です。
 
愛は、家族がいっしょに祈ることで始まります。
父母、兄弟姉妹と共に祈る時に、私たちの家族は一致しています。
 
家族が一致しているとは、互いに愛し合っていることを意味しています。
 
まず家族から、愛することが大切です。
愛は家庭から始まります。
 
ですから両親に、又先生方に祈ることをならってください。
祈れば清い心を持つことができます。
 
清い心があれば、神があなたを愛しておられるように、あなたも真心から深い喜びをもって神を愛することができます。

なぜなら、心が自由で開かれているからです。
このように祈ることを習うのは大切です。
祈りの結果、信仰が深まり、神が私を愛しておられるようと信じるようになります。
 
信仰の実りは愛です。
私も愛さなければならないと感じるようになります。
 
このように、祈り、信仰、愛、奉仕は家庭の中に立派につながっています。
 
祈りを信じるようになり、信じれば愛するようになり、愛すれば何かよい行動を起こすようになるのです」    
 
このような話を、マザー・テレサは、日本だけでなく世界中でしました。
 
彼女は、現代の家族が危機的状況にあるのを知っていました。

先進国では、「離婚の増加」「少子化」「引きこもり」「家庭内暴力」などの問題が深刻化し、一つ屋根の下に住みながら、家族の心はバラバラになってしまいました。
 
本来、家庭はあたたかく人を包み込むものです。
外に行って疲れて帰ってきて、ふとやすらぎを感じ、「やはり、わが家が一番いいな」と思うものです。

そこには、自分が愛し自分を愛してくれる人がいるからです。
 
マザー・テレサはそのような家庭で少女時代を過ごしました。
 
修道女になってからは、修道会が彼女のあたたかな家庭でした。
 
家庭での愛は、互いに互いの幸福を願うことから始まります。
幸福を願うことは、愛を帯びた祈りとなります。
 
互いに祈り合う家庭は、愛に満たされるのです。

EDIT  |  06:00  |  マザー・テレサ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |