2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2007.02.25 (Sun)

本を読む子になりなさい。

永井博士は、昭和二十五年(一九五〇)、自分の家のへやをつかって、
「うちらの本箱」という図書室をつくりました。
「うちら」とは長崎弁で、「わたしたち」という意味です。

「本を読む子になりなさい。」
といつも誠一や茅乃に言っていた隆は、同じ願いを浦上の子どもたちにも持っており、だれでも自由に本が読めたり、勉強できたりする場所が必要だと考えていたのです。
 
この図書室には、隆らしいユニークなおきてを作りました。


  うちらの本ばこ おきて

 ブタのようにおしりのよごれた子
 ネコのようにあしのよごれた子
 サルのようにてのよごれた子
 イヌのようにわめく子
 ウマのようにあばれる子
 ウシのようによだれをたらす子
 ヤギのように本をちぎる子
  はいること おことわり
   一九五〇年 こどもの日
         浦上 永井 隆

このおきては「うちらの本箱」の入り口にかかげられていました。

この子を残して / 永井 隆

長崎の鐘 / 永井 隆
EDIT  |  07:30  |  永井隆博士  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |