2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2007.03.25 (Sun)

てふてふが一匹韃靼海峡を渡って行った

 
   春
             安西冬衛

 てふてふが一匹韃靼海峡を渡って行った


この一行の詩を題材に、6時間くらいの授業をしたことがあります。
すごく楽しかったです。

この詩では、「韃靼海峡」と「てふてふ」が対比されていますね。

冷たい荒波の壮大なる「韃靼海峡」(ダッタンカイキョウ)と
羽ばたくたった一匹の「てふてふ」(蝶)の イメージを思い描きいてみると自分の生き方を問われるような気がしてきます。
 
授業の5時間目くらいに子どもたちに尋ねてみました。
「この蝶は、「韃靼海峡」を渡りきれるでしょうか?」と・・・。

正解は、もちろん、ありません。

でも私は、渡りきってほしいし、
渡りきってみたいと思っています。 


EDIT  |  10:01  |   |  TB(0)  |  CM(3)  |  Top↑

*Comment

■承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
 |  2014.07.25(金) 07:17 |   |  【コメント編集】

■管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2009.10.31(土) 14:03 |   |  【コメント編集】

■不思議なてふてふ。

不思議なてふ,てふ,・・・は韃靼海峡を渡っていった...と信じます。
夢物語でも良いのです。

昔々私の姪っ子が私に呉れた詩が,この詩だったのです。
韃靼海峡で無く...太平洋でした~。
一匹で荒波を乗り越える気の強いてふ,てふ,でした。
はるみ |  2008.04.07(月) 02:14 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |