2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2007.05.02 (Wed)

星とたんぽぽ

星とたんぽぽ

        金子みすず


青いお空の底ふかく、
海の小石のそのように、
夜がくるまで沈んでる、
昼のお星は眼に見えぬ。

 見えぬけれどもあるんだよ、
 見えぬものでもあるんだよ。


散ってすがれたたんぽぽの、
瓦のすきに、だァまって、
春のくるまでかくれてる、
つよいその根は眼に見えぬ。

 見えぬけれどもあるんだよ、
 見えぬものでもあるんだよ。





詩人は見えないものを
言葉にしてくれます。

金子みすずが、
「昼のお星」と「つよいその根」に
例えていたものは何でしょうか。

それは、わたしたちの心のなかに
あるような気がします。


わたしと小鳥とすずと―金子みすゞ童謡集 わたしと小鳥とすずと―金子みすゞ童謡集
金子 みすゞ (1984/08)
JULA出版局

詳細を見る
EDIT  |  21:01  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |